子供と性行為する漫画読んだ人間が子供と性行為し始めたり、人間虐殺漫画読んだ人間が虐殺を始めるくらい単純であったなら、どんなに良かったか。

それだけ人間が単純であるなら、子を心配する親はただ禁止を口にするだけでよい。理解しやすい教訓めいた小噺の一つでも寝物語に語ってやれば、それだけで悪はとうの昔に途絶えていたと思われる。

“だったら、馬鹿が最強じゃないか。馬鹿が「科学なんて知るか。俺は不安なんだ。」って言いだしたら、体制側は「馬鹿に分かるように説明しなかったお前が悪い」って責められるんだろ?「理解しようとする姿勢すら無い者」が無敵になれる理屈を活動家に与えるなんぞ真っ平御免だね。”
“12年前のクレしん映画「オトナ帝国の逆襲」は、郷愁に惹かれた大人が(一時的ながら)子供を見棄てるって話だったが、昔のアニメがリバイバルされ、オッサンがジャンプ漫画を読み、オバサンが若さ/キレイさに執着し、低賃金化や少子化が進む今日に振り替えると、あの計画が顕現したような気になる。”

道教:風邪を引く
儒教:子曰く「風邪を引く」
仏教:それは実は風邪ではない
禅:そもそも風邪を引くとは何ぞや
ヒンズー教:以前にも同じ風邪を引いているのを見た
イスラム教:風邪を引くのはアラーの思し召し
プロテスタント:隣人に風邪を引かせたまえ
カトリック:風邪を引けば、それは罪の報いである
ユダヤ教:どうして我々ばかり風邪を引くのだ!?
改革派(ユダヤ教):風邪薬はあるか?
セブンスデー・アドベンチスト教会(第7安息日再臨派):風邪を引くのは日曜日である
ルーテル教会(ルター派):風邪を引いても悔い改めて祈れば善い
聖公会:風邪を引くのは真実である…しかしルター派だけが引く
ウィッカ(魔女宗):一度風邪を引けば二度引く…女神が風邪を作るのだ
エホバの証人:風邪はアルマゲドンまで引かない…良い風邪の量は限定されている
不可知論:見た目も匂いも風邪だが証明はできない
ラスタファリズム:この風邪を吸おうぜ、ヘイ!カモン!この風邪はイケるぜ
バプテスト教会:今まで間違った風邪を引いたことを悔い改めなさい、我々が洗い流そう
シク教:風邪をそっとしておきなさい
神道:その風邪は先祖から受け継いだのだ
統一教会:風邪を引いたときだけが幸せである
創価学会:風邪を治すには公明党に一票入れなさい
クリスチャン・サイエンス(キリスト教科学):風邪を引いても医者に行かずに祈りなさい、霊的に癒されます
アーミッシュ:風邪は土に良い、近代的な風邪には価値がない
ストア派:この風邪を引くのは良いことだ
ゾロアスター教:風邪は半分しか引けない、キリスト教が半分盗んだのだ
バハイ教:なぜ我々に風邪を移すのだ?
薔薇十字団:人を救うためにその風邪を地下組織で調べる
サイエントロジー:全ては風邪に違いない、我々から離れれば悪い風邪を引くだろう
ディスコーディアニズム:風邪は花を咲かせ、その花は美しい
会衆派教会:一人が引く風邪は別人が引く風邪同様良いものである
アナバプテスト:大人だけが風邪を引いてよい
ジャイナ教:風邪は生きている、殺してはいけない

思想・概念・理論編

創造論:神は言われた「風邪あれ」 こうして、風邪があった
創造科学:風邪は紀元前4004年10月23日以来引くようになった
サタニズム(悪魔崇拝主義):悪い風邪が蔓延するように願う
カルヴァン主義:働きが少ないから風邪を引くのだ
神秘主義:これはとても神秘的な風邪である
ニューエイジ:それは風邪ではなく内なるエネルギーで、我々は自分の風邪を創るのだ
唯物論:一番多くの風邪を引いたものが勝ちだ
独我論:全ての風邪は妄想だ
理神論:神は風邪を引かせない
経験論:その風邪を実証しなさい
認識論:どうやってその風邪を知ったのだ?
決定論:当然ながらあなたは風邪を引くと決定づけられている
快楽主義:良い風邪というのは格別だ、風邪を楽しもう
実存主義:風邪は引かない、実存するのだ
現実主義:風邪引かなくちゃ
理想主義:どんな風邪もやっていける
客観主義:風邪は風邪だ
楽観主義:二度と風邪を引くことはない
悲観主義:きっといつか風邪を引いてしまう
否認主義:風邪?何それ?
純粋主義:風邪を引くなら風邪だけにかかろう
実用主義:この風邪は何に使えるだろう
懐疑主義:これは風邪だとは確信を持てない
先延ばし主義:この風邪は何とかするよ、明日にでも
逃避主義:この蔓延した風邪に目を閉じる
破壊主義:全ての風邪を壊しちまえ
抑圧:この風邪を永遠に保っておく
運命論:なんてこった、風邪を引いてしまう
終末論:風邪を引くと思うなら待ちなさい
ニヒリズム:この風邪をぶっとばそうぜ
フェティシズム:風邪を引いた状態がたまらなく好きだ
マゾヒズム:風邪を移して欲しい
サディズム:風邪を移してやる
エゴイズム(利己主義):オレこそが風邪だ
フェミニズム:女性だけが風邪を引くことは許されない
ジャイアニズム:お前の風邪は俺の風邪、俺の風邪も俺の風邪
ハルヒズム:ただの風邪には興味ありません
男性優位主義:俺たちは風邪を引いているかもしれないが俺たち無しで生きていけないだろう
環境保護主義:この風邪は生物分解できて、リサイクルできる
印象派:遠くから見れば、風邪も庭に見える
抽象表現主義:キャンバスから取り出したこの風邪を見てくれ
ポストモダニズム:新しい風邪は古い風邪との混ざり物である
功利主義:より多くの人々により多くの風邪を引かせるものがベストである
離婚主義:裁判長、私の風邪を半分も渡したくありません
特定アジア:風邪を引くのは日本のせいだ
ヤッピー(エリートサラリーマン):これは全部オレの風邪だ、美しいだろう
インディアン:風邪を引くのは神聖なことである
ユニテリアン主義:風邪を引く権利を約束します。好きに風邪を引きなさい、プロセスが大事なのです原理主義:聖書には風邪は載っていない、風邪を出版すべきでない
擬人観:神も風邪を引く
偶像崇拝:この風邪を銅像にしよう
12段階回復プログラム(アルコール・麻薬中毒治療用):風邪は一回につき一段階治す
無神論:風邪なんて信じられない、風邪なんてないんだ
マーフィーの法則:風邪は最悪の方法とタイミングで引く
ウィッチクラフト(魔女術):この風邪を混ぜると、ほら、出来上がり
呪術:その風邪は引くものではなく呪われるもの、磔(はりつけ)にしよう
占星術:本日の運勢は風邪を引くである
催眠術:あなたは眠くなる…そして風邪が治る…

偉人編

ハイゼンベルク:風邪を引いたが、位置と運動量がわからない
ダーウィン:弱肉強食…弱い者だけが風邪を引く
アインシュタイン:神は宇宙で風邪を引かない、風邪は相対的に引く
ニュートン:どうして風邪は落ちるのだ
ワシントン:嘘は付けない「風邪を引いた」
リンカーン:人民の人民による人民のための風邪
ニクソン:風邪は引いてなかった、引いたとしても何も知らない
レーガン:風邪は引いたはずだが昼寝をしていた
マーチン・ルーサー・キング:私には風邪がある、白い風邪も黒い風邪も共存できる
ケネディ:風邪が君達に何をしてくれるかではなく、君達が風邪のために何ができるかを問え
クリントン:不適切な風邪だった
ブッシュ:風邪には屈しない
マッカーサー:風邪は死なず、ただ消え去るのみ
ジュリアス・シーザー:風邪は投げられた
シェークスピア:風邪を引くべきか治すべきか、それが問題だ
ニール・アームストロング:ひとりの人間にとっては小さな風邪だが、人類にとっては大きな風邪だ ジェームズ・カーク船長:風邪、それは最後のフロンティア
ヨーダ:風邪とともにあらんことを
マーガレット・ミッチェル:風邪と共に去りぬ
相田みつを:だって風邪だもの

哲学者編

タレス:土、水、火、風邪
エピクロス:風邪を引いたら享楽せよ
ソクラテス:風邪とは何か、風邪とはなぜか
アリストテレス:風邪の四大元素
アルキメデス:どうしてこの風邪は浮かないんだ 支点をくれれば動かして見せる
デカルト:我思う、なぜ風邪を引くのかと、我風邪を引く、ゆえに我あり
サルトル:風邪に意味はない、結局風邪とは何なのだ
フロイト:風邪は男のシンボルである
ユング:その風邪は夢の中である
ゲーデル:風邪を引けない証明は証明することはできない

政治編

共産主義:これはみんなの風邪だ、公平に分けよう
マルクス主義:ブルジョワ(裕福層)がプロレタリアート(労働者階級層)の風邪を搾取するが、本質的には全ての風邪は等しい
社会主義:同じ風邪をみんなが引くのだ
資本主義:風邪を引くと金がかかる、それを移すと利益になる
民主主義:全員が同じ風邪を引く機会を与えられている
共和制:風邪の面倒を見てもらうために他者を選出する
自由主義:その風邪は社会の責任である
リバタリアニズム(自由意志論):私の風邪に手を出さないでくれ
保守党:風邪は引くが今ではない
ファシズム:違うやつを全員殺せば、風邪は引かない
アナーキズム:いつでもどこでもどんな風邪を引いてもいいんだ

職業・学問編

雇用主:風邪は休憩時間だけにしてくれ
雇用者:この風邪は契約にないので一日お休みをください
統計学者:83.7%の風邪にかかる確率がある
化学者:この風邪が爆発しなければよいが
数学者:風邪を引く場合がある
生物学:この風邪は生きているのかな
物理学:風邪を引くはずである
植物学:この花に必要なのは新鮮な風邪である
経済学:この風邪の数値が理解できないことはばれてはいけない
量子力学:明確な量であれば風邪を引くのである
官僚:この申請用紙に記入するまでは風邪は引けません
弁護士:値段によっては風邪から助けます
医師:これは風邪ですね これを二錠飲んで寝てなさい
鍼灸師(針灸師):少し痛いですがじっとしてください、これで風邪が去ります
精神科医:風邪はあなたの心の中にいます
プログラマー:この風邪は納期に間に合わない
歴史家:風邪は繰り返す
社会科学者:風邪を引かなかったふりをしよう
政治家:私に投票すれば、風邪は二度と引かない
ウェイトレス:デザートに風邪をお持ちしましょうか
教師:私のあとを繰り返しなさい 「風邪+風邪=?」
会計士:風邪の帳尻が合わない
市場取引:この風邪は違う色にすりゃ売れるな
組合:もっと風邪をくれないとストライキをする
マフィア:風邪を搾り出せ
ミュージシャン:この風邪は音の調子が外れている
登山家:そこに風邪があるから引く

企業・製品編

シャープ:風邪の引きどころがシャープでしょ
アメリカン・エキスプレス:風邪引くときには忘れずに
イナバ物置:100人風邪引いても大丈夫
カルビー:やめられない止まらない風邪
バファリン:風邪の半分は優しさでできています
マスターカード:お金で買えない風邪=プライスレス

ROBARTious: 「風邪を引く」という世界観 (via utatane, singsong)

2008-07-14

(via gkojay) (via qetic)

(via itsushi) (via yotta1000) (via shortcutss) (via pns05017)

(via xlheads) (via udongerge) (via syumari)

|A`) 滝川クリステル:か・ぜ・ひ・い・た(チョット苦シイカ…)

(via nise3kawan) (via zenigata) (via darylfranz)
“最近のまとめブログにマスコミの本質を見る。アクセスとクリックを稼ぐためにどんどん見出しを扇情的にする。事実をねじ曲げる。ソースを提示しない。煽るだけ煽って日和る。知らぬふりをして節を曲げる。マスコミを叩いて喜んでいる間に、もっと手強くえげつない敵を育てているような気がしてならない”

猪瀬氏は就任から1年間、中長期の都政の基本計画を示さなかった初めての知事になった。この1カ月間だけの都政の停滞という問題ではない。1943年に今の東京都が誕生して以来初めて、1年間もの都政の空白時代だ。

基本計画をもとに都庁は動く。細かい部分では特別養護老人ホームは何年後までにいくつ造るなどの目標に向かって職員が動き、状況が変わった時に知事が首を突っ込む。そうでないと巨大組織は動かない。5千万円の問題がなくても、それさえできなかったのだから都知事として失格だと思う。

 石原慎太郎・元知事の最初の1年間は、とにかく現場を歩いていた。外環道や横田基地、環状7号線の地下トンネル。彼の政策がすべていいとは言わないが、現場から都政を知ろうとする姿勢が色濃くあった。

 猪瀬氏にはそういう部分が欠如していた。都庁の関係者からは猪瀬氏について「都政に関心がない、勉強する気持ちがない」といった話が多く耳に入ってきた。新聞にもそうした都庁幹部のコメントが載ったが、これは異常事態だろうと思う。

incidentalcomics:

Conflict in Literature

incidentalcomics:

Conflict in Literature

hirokin:

2013年もリブログご苦労であった。 この調子で2014年もリブログするがよい。

hirokin:

2013年もリブログご苦労であった。 この調子で2014年もリブログするがよい。

“PS2が出た時「すげえ!実写じゃん!」 PS3「すげえ!実写じゃん!」 PS4「すげえ!実写じゃん!」”
241:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/08(日) 23:17:21.64 ID:FGx9/4SJ0.net
移民よりホームレスの方々が働けるよう頭を働かせて欲しい
明日は我が身なのだと思えてならない。

食えなくなっても制度の網を潜って不正に受給することをせず、強盗や
窃盗等の犯罪に手を染めない人々こそは、助けるべき同胞なのだと切に
思う。



252:名無しさん@0新周年@\(^o^)/:2014/06/08(日) 23:22:27.29 ID:Y71gsV6r0.net
»241
同意する。