“東京喰種ってタイトルからして異形な感じがして凄くいいけどこれが埼玉喰種とか千葉喰種だとなんか締まらないし栃木喰種や群馬喰種、茨城喰種だと「なんだまた宇都宮で喰種出たのか」みたいにナチュラルに受け入れられてしまいそうな気がしてヤバイ”
“体を休める為に体温を下げようとするのに下がらないので体が混乱してしまう”
“いじられて笑ってる奴ってアレただの自己防衛反応だから”
“終戦の年の十二月、横浜は満目蕭条たる焼跡の中でした。寺院などは影も形もなく、「こんな時世に、除夜の鐘どころではないよ」と母親の溜息に、十歳の私は幼い三人の弟妹とともに、早くから煎餅蒲団にもぐりこんでしまったのでした。さなきだに、バラックには容赦なく隙間風が吹き込んでくるのです。

 その夜半のことでした。港のほうからかすかに「ボーッ」という汽笛の音が響いてきました。私の家のある本牧という下町から、横浜港までは直線距離で一キロほどしかないのですが、外国人居留地の山手丘陵に隔てられているので、普段は汽笛の音など聞こえるはずもないところ、この年は遮るもののない焼け跡でしたので、難なく伝わってきたのでしょう。

「あっ、船の汽笛だ」寝付かれないでいた弟の叫びに、次の汽笛が重なりました。続いて三隻目の汽笛が……。瞬く間に港に停泊している、おそらくすべての外国船から発せられた新年の祝笛が、大きな音の塊となって、私たちの耳朶を打ったのです。

 そればかりではありません。あたかも汽笛に刺激されたかのように、どこか遠いところから鐘の音が一つ、また一つと、あたかも湧き上がるように響いてきたではありませんか。「除夜の鐘だ」「どこのお寺だろうね」。戦時中の苛烈な金属供出の命令にあって、市中の寺からは梵鐘など一つ残らず徴収されてしまった筈でしたが、戦後三ヶ月半、鐘どころではない大混乱のさなかに、地方の寺院などから調達できたのでしょうか。現に鐘の音は聞こえてきたのです。

 いまや家族全員が目をさまし、その奇蹟の音にじっと耳を澄ましていました。「戦争は終わったんだなあ」「もう、いくら何でも戦争をしたいと思う者はいないだろう」というのが、十歳のわたしの思いでした。このときの“胸ふたがれる”ような感慨は、七十年近くを経た現在でも、鮮明に甦ってまいります。”
“成長しないと
怠けてるみたいに
言われるべ?”
ドラマ・あまちゃん
脚本 宮藤官九郎 (via shouichiondemand)
““

・絶対に床にものを置かない
・寝る前にリビングの片付けをする
・毎食ごとに食器をすぐ洗う
・お風呂は毎日風呂上がりに洗う
・朝起きたら床全てにクイックルワイパーをかける
・使う場所のすぐ側に収納する
・使い終わった物はすぐに片付ける
・風呂場の中にいっさい物を置かない
・1日10個の物を処分(捨てる、リサイクルに回す、あげる)
・明日着る服を決めて寝る
・カバンは床に置かない。定位置を作ってそこに置く
・帰宅後は毎回必ず鞄の整理をする。ハンカチを換えてティッシュを補充。 三日に一度財布からレシートを取り出し家計簿に記入する
・洗面台に小さなスポンジを置いておき、歯磨きや手を洗うたびに流しを 軽くこすっておく
・通販とかのダンボールはすぐに解体する
・雑誌は読み終わったら捨てる
・家電家具を白系に統一。 →汚れが目立つので頻繁に拭くようになった
・家に持ち込んだものの2倍捨てる。 ex) 服1着買ったら着てない服2枚捨てる
・一度立ったついでに何かひとつ片付ける
・持ち物すべてに住所を付ける。もっと使い勝手が良い場所があれば工夫して引っ越しさせる
・「とりあえず」は厳禁

どれもまさにその通り!



- 部屋をきれいに保つために遵守したい整理整頓のルール|blogs.com|おもしろブログ記事のまとめサイト
2010-06-04 (via genkudo, yellowblog)
“紳助「高校球児が必死で走ってる姿みたら感動するやろ」 さんま「あれは野球が好きで走ってるからいいんや。こいつら(芸人)走りたくて走ってるわけやないやろ、お前に無理矢理走らされてるだけやん。そんなん見て感動とかできるかって」 これが全てを表現してますね。”